おふくろの味が懐かしくありませんか?
ホーム◇ ご家庭で作る麺つゆ ◇

☆温かいおそば、うどんのおつゆ 

◇ 関東系つゆ 

材 料

分 量

出 汁

1000cc

醤油(濃口)

95cc〜100cc

味 醂

95cc〜100cc

少々

◇ 関西系つゆ 

材 料

分 量

出 汁

1000cc

醤油(薄口)

60cc〜65cc

味 醂

60cc〜65cc

少々

※ 醤油、味醂の分量は目安です。加減をして、お好みの味をお探し下さい。

※ 関東系はかつおをメインとした出汁で、関西系は煮干をメインとした出汁がおすすめです。

1、お鍋に出汁を張って温める。

  分量の出汁を鍋に張って、沸騰の直前まで温めてください。

2、分量の調味料を入れる。

  沸騰直前まで温まったら火加減を中火にし、醤油、味醂を入れて良く混ぜ合わせてください。

-1、味見をし、塩で調整する。(かけの場合)

  必ず味見をして、軽く塩で調整をする。少々の塩を使うことによって味に締りが生まれます。

-2、お好みの具を入れて、火を通す。(具材を入れる場合)

  お揚げやお肉などお好みの具を入れて火を通します。沸騰にご注意下さい。

  具材に火が通ったら、味見をして軽く塩で調整する。

4、温めた麺を丼に入れておつゆを張って完成です。          

 


 

☆冷たいおそば、うどんのおつゆ 

材 料

分 量

出 汁

500cc

醤油(濃口)

110cc〜120cc

味 醂

100cc

※ 醤油、味醂の分量は目安です。加減をして、お好みの味をお探し下さい。

※ 冷たいつゆに使用する出汁は味付が濃いため、倍の濃さの出汁を用意してください。

1、お鍋に出汁を張って温める。

  分量の出汁を鍋に張って、沸騰の直前まで温めてください。

2、分量の調味料を入れる。

  沸騰直前まで温まったら火加減を中火にし、醤油、味醂を入れて良く混ぜ合わせてください。

3、沸騰直前まで火にかける。

  再度、火加減を強火にして表面に気泡が出始める沸騰直前まで火にかけます。沸騰にご注意下さい。

4、火を止めて冷ます。

  コンロから鍋を降ろしてつゆを冷まします。ボールやほかの容器などに移したほうが冷めやすくなります。

  また、急いで冷ます場合は中に水が入らないように注意しながら、流水で容器ごと荒熱を取り、

  冷蔵庫または、冷凍庫で冷ましてください。自然に荒熱を取るのが1番なのですが・・・。

5、麺、薬味を盛りつけ猪口につゆを張って完成です。     

※冷たいつゆと温かいつゆでは出汁を取る際の削りの分量が違います。

  詳しくは◇おいしい出汁の取り方をご参照下さい

※このレシピはあくまでご家庭ですぐに作るためのレシピです。