ホーム | 【Net限定商品】 > 削り器と本枯節【Net限定商品】かつお削り器と本枯亀節のセット
商品詳細

【Net限定・数量限定販売】

Net限定で削り器と本枯亀節のセット商品を数量限定の特別価格で販売致します!!

今はご家庭で削り節を削る事って無くなりましたよね。

昔はどのご家庭にもあって、毎日シャカシャカと削っていたものです。

削り器で鰹節を削ってみたい。削り立てを食べてみたい・・・。

でも、削り器って数万円したりするし、高いからと二の足を踏んで方必見!!

数量限定で削り器と本枯亀節のセットを数量限定、大特価で販売致します!!

削り器は新潟県三条市の(株)小柳産業さんの国内製造品。本枯亀節は本場・鹿児島県製造の本枯亀節です。

入門編としては使い易い、コンパクトな仕上がりの削り器は卓上に置いて削り立てをそのままご飯やお料理に。

本枯節の本物の味をご自身で削り、ぜひご堪能下さい!!

 

こちらの商品は【軽減税率対象外】の商品となります。

 


【Net限定商品】かつお削り器と本枯亀節のセット[M-610]

販売価格: 3,500円(税込)
[在庫数 14点]
数量:
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
削り器は削る部分が蓋になる一体型のコンパクトな設計。
削ったら、上の削る部分を外すと下の箱に削り立ての削りぶしが現れます。
(画像をクリックすると大きく見られます)
本枯亀節は本場・鹿児島県製造の本枯亀節です。
亀節ってなに???
亀節とは、かつおを三枚卸しにした状態で加工された鰹節のことを言います。
背中の部分とお腹の部分が繋がって、亀の甲羅の様に見えることから亀節と言われてます。
背中の部分の洗練されたうま味と、お腹の部分の少し脂がある濃厚なうま味を一度に楽しめるのが亀節です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
鰹節を削る時はこの面を削り器にきちんと当たる様に斜めにもって削ります。
かつおにも削る目があります。
カンナに対して、尻尾側から頭側に削ります。逆になると逆目になり粉になり易い。
押す削り方の時は尻尾を自分の奥側に頭を手前側に、引くときはその逆に持って、画像の削る部分を削り器に合わせて削って下さい。